犬と男性

犬の肝臓病について知っておこう|いざという時に備えて

日本犬のルーツです

犬

昔ながらの古風さが人気

日本犬のルーツは柴犬と言われていますが、その柴犬のミニミニ版のサイズ感が豆柴と呼ばれる犬です。日本の古き良き時代から、犬付きの御宅のお庭でちょこんと主を待っている、そんな昔ながらの日本の犬と言うイメージは今もそのまま残っており、非常に堅実でちゃらちゃらした派手さや可愛さはない物の、とても腕白で、勇敢な元気な犬です。とても賢い犬でもあり、服従心と忠実心が強いのも特徴で、御主人様に対してはとても従順で、言う事を良く聞くお利口さんなので、躾もとてもし易いです。それゆえに豆柴への愛情もどんどん深まる、とてもかわいいワンちゃんです。柴犬より小型で平均35cm位の大きさなので、室内犬としても豆柴ならばギリギリセーフの感覚です。とにかく日本人らしい昔ながらの古風なワンちゃんで、ゆるぎない人気があります。

男らしい犬です

とにかく豆柴は、イメージ通り、飼い主に忠誠を尽くす、クールで賢い犬です。人間で言うならば、昔気質の九州男児といった所かも知れません。でもその無骨さが故に、中年男性など、男性からの人気もとても高いのもうなずける気がします。ご主人と犬である自分の主従関係をきちんと確立する為には、躾を行う際に、まずはきちんとした信頼関係を築く事も大事です。その上で、甘やかさずにしっかり上下関係を教え込む事が大事です。豆柴は、人間で言うならば体育会系のキビキビした躾を行う方が良いかも知れません。それでもクールにしっかりついてきてくれます。そんな媚びない凛々しい姿が逆にとっても愛おしく感じ、はまってしまう人も多いです。男っぽい豆柴ですが、1日1時間位の散歩の習慣や、毛並のブラッシングなども忘れない様にしましょう。